キャノンボールⅡ

月末。

月末は忙しい。なにかしら忙しい。

報告書を提出したり、良い写真を自分で選んだりしている。


梅雨の真ん中に、ふと、台風が現れ。

そのうち直ぐに熱帯低気圧に変わり。

今日は晴れた。風は強かったけれど。



自分自身の変化なのか、周りの環境が変化しているのかは分からないけど、

せわしなく行動を起こしている自分がいる。

そしてその行動に伴い、月末が忙しい。


明日とあさってはお休みだが、会社に行こうと思う。


会社に行き処理を済ませ、本を読み、また映画でも見よう。

先週の休みはまとめて4本の映画を見た。

告白、トイレット、十三人の刺客、板尾創路の脱獄王。

久々にまとめて映画を見たらまた、その欲が沸いてきた。近所にTUTAYAもできたことだし。



よく写真を語るとき、センスを引き合いに出すことが多いが、

実際はどうなのだろうと思う。

構図にしろ、黄金比率にしろ、被写体の線のバランスなど。

数的な面も割合をかなり占めているのだ。


そして、当然のことながら適正露出を、ISO、シャッタースピード、絞り値をつかって

計算をしながら表現していかなければならない。

光の向きであったり、前後の露出の変化であったり。

ただ好きなものだけを撮り続けるにも知識が必要だったりする。


ぐるぐる頭の中で計算をしているとおのずと混乱が生じる。

まして動く被写体に対しては、知識のみならず経験も必要となるため、

ひと時も気を休めることはない。


そんなよしあしを探るために、会社に行く。

近道は無い。休みの日に会社に行くこと自体が近道ではない。

それらを知りたいがために。


僕は死ぬように生きていたくはないのである。

5月30日
[PR]
# by alemokolemo | 2011-05-31 01:29 | いつもの

konnichi

e0158235_19173421.jpg

本を読みたい。

諦めたくない。

欲のままに生きたい。

生活をしていきたい。


正直経験が薄いなかで、正解を導き出していくことは難しい。

ただ単に嫌いなことから、面倒くさいことから逃げたしたくなる。

でも、自分の欲求を満たす行為と自分とのギャップを埋めるのに、

その過程のなかで、踏み倒されながら、格闘しながら、

人は大きくなっていくもんだろう。



培ってきた良いとするイメージは、なかなか具現化されていかない。

もともと思考する能力が欠けている僕にとって、

それを1つ1つクリアしてことはかなり難しいのである。


例えば、写真について。

これが良い!こういう写真が撮りたいという思いは確かにあるのだ。

だけれど、何がそうやって僕を駆り立てているのかどうかの具体的な

ものが一切見えてこない気がしている。


写真を勉強することは、数学を勉強していくこととほとんど同じようなもので、

それを1つ1つ覚えることが出来なければ数学者なんかになれやしない。

それを1つ1つ覚えていくことなんて、きっと誰だって出来ることだし、

例え興味がなくても良い。それは学生自体のテストの出来にも匹敵する。

だれも興味が無くても良い点数を撮ろうと思えばとれるのだ。

(僕はがんばっても良い点数を取れなかった人だけれど)


僕はようやくそのスタートラインに立てた人であって、

これから先に自分らしさや修正をしてかなければならないのに、

その良いイメージの理想を追っていくことでそれが邪魔になっているというのであれば

何を目指して写真を撮って良いか分からなくなってしまう。


僕の好きな写真って一体なんなのだろう。



仕事がら僕の感覚を少なくとも理解してくれる人は周りに存在している。

でも、僕はその人たちが取った写真がキレイだとは思うけれども

ぐぐぐ、びびびなんてことをあまり思わない。


あ、素敵だなんて言葉でいうのはものすごく簡単で陳腐なものだ。

本気で素敵だと思う人だらけであれば、

きっと写真なんてものはこの世から無くなっていくんだろうな。



具現化してきたいけれど、

なかなか満足のいくものが出来ない。

1つ1つ解決してかなければ今後の成長は無いな。

5月17日
[PR]
# by alemokolemo | 2011-05-17 19:39 | いつもの

つらいこと

何かつらいことがあると

たびたびこうしてブログを更新していく。

立ち上がるきっかけにしたいに過ぎないんだなあ。


いつでも迷って、誰かにたよりたくなって。

僕は相当弱い人なんだと再確認ができる。


実際問題、生活自体は充実しているんだろう。

与えられたものもそれなりにあって、恵まれた環境に立っていることは

まず間違いない。


写真と触れ合いながら生活をしていくなんて、

5年前の頃の自分に聞かせたら「なんて魅力的なんだ!」

と目を輝かせて話を聞いていたに違いない。


今現在の僕も、それに関しては満足しているのだと思う。


一表現者として、こうして社会の一部となれている喜び…。

だからなんだというのだろう。






おととい、最後の撮影が終わった後、強烈な寒気に襲われて、

PCの前で動けなくなってしまった。

そのまま先輩社員の運転するBANに乗り、緊急外来へ。


39.6度の熱。

これまで見たことも無い数値に思わず笑ってしまった。


どこがどうなってこんな熱が。






体もよわっちくなってきたな。





「頭の良いやつ」はどうでもいいことには頭を使わない。

「アホ」はどうでもいいことに頭を使う。



鈍感力を手に入れたい。


3月22日
[PR]
# by alemokolemo | 2011-03-22 23:04 | いつもの

始動


身辺がやっと整いました。

あわただしくめまぐるしく、環境が変わり、

時の流れがあっという間に変わっていったように思います。



僕にとって2010年は、変化の年でした。

仕事を辞め、新しく自分と向き合うための重要な時間。

正直に言うと、かなりつらくて。

何度も何度も負けそうになりました。




ただ、ずっと変わらずに感じていたことは

人生に色をどうつけるかでした。

「納得」というものと向き合うことが、何よりも苦手で

いつでも逃げ回っていました。


なにかいつも足りない。

満足できない。

これでいいやって、思考回路の形成がそうされていたように思います。


どうやったら「納得」にたどりつけるのだろう。

いつになったら「納得」できるんだろう。






その答えは、1つ1つを確実に頭の中に入れること。

自分にとっての異物を体の中に取り入れること。

繰り返しそれを行うこと。






年末年始で、久しぶりに会った家族や友人達は

いつもと変わらず、笑顔で、立派に見えた。


それでいいのかも知れない。


僕にとっての成長や変化は

わかりにくく、よほど意味もないこと


大切なのはそのとき何を考えて何を話し、何をしたか。




「納得」がいくまでは時間が掛かる。

せめて、努力はしなければ。



程よく笑って、程よく泣いて。

程よくしんどくなって、程よく楽になればいい。



強く願えば願うほど、失うものも多くある。

すべて「納得」いくはずもない。

求めすぎているのも確か。



少々手探りだが、

それを探す2011年にしていきたい。



本を沢山読む。

写真を沢山撮る。

時間を有効的に使う。

家族や彼女を大切にする。



当たり前のことを当たり前に。

異彩なことをもっと知り。

健康にも十分気をつけよう。


1月5日
[PR]
# by alemokolemo | 2011-01-06 00:10 | いつもの

虹を見る人

e0158235_13121346.jpg

 僕は秋からこの時期にかけて、買ってきた飲料水を冷蔵庫に入れない。

ただ単純に「めんどうくさい」からだ。

夏に飲むぬるい飲み物ほど嫌なものはないが、

今だからこそ許される特別な飲み物のような気がしないでもない。

良く怒られたりもするけど気にしない。

(やっとあったかくなってきよってそんなこと思ったのだ)


 また近所のBOOK OFFで中古の古本を10冊買ってきた。

100円だからたった千五十円だ。ありがたい。

背表紙と雰囲気だけで選び抜くのは結構めんどくさいが、

部屋のインテリアとしても活用できる100円雑貨はもはや大事な僕のライフワークの1つになっている。

内容なんて、頭の悪い僕にとってよっぽどじゃない限りどれも面白いと感じる。

もともと受身な性格もあって、それは重宝される。


飲み物の話じゃないけれど、

世の中結構どうでもいいことでも楽しさやウレシさを見出せる。

偏った価値観や人の事とか全部ひっくるめても。僕は僕。



 2ヶ月だけ、営業の仕事もらえることになりました。ついに働くぞよ。

派遣会社って信用ならんくていやだったけど、結局そこに落ち着いてたり。

土日休みなんで皆との波長も会うぜい。


2ヶ月仕事してへんで、プラスマイナスゼロって思ってます。

まあ休んでいたことがプラスか、短期でも働くことがプラスか、

どっちか全然ワカランけども。

次に繋がるか全然ワカランけども。


 
e0158235_13265338.jpg

 ナガクテで見れたこの二重の虹ですが、

一体どこまでこの虹が見えたんでしょうねえ。

夕方だったしまだ仕事してた人もいただろうに。見れた僕は運がよかった。

仕事してなくてよかった。

5月27
[PR]
# by alemokolemo | 2010-05-27 13:28 | いつもの

三河ワイキキ

e0158235_1829527.jpg

 先週の土曜日は3年ぶりのROCK ON THE ROCKなのでした。

RORとは、僕の地元の三河の国、吉良町のワイキキビーチ(スペアザ風)で年に一回

「あつさ」と「ゆるさ」を兼ね備えた春のロックフェスなのです。


 あいにく、2日目は強風により中止となってしまって。

さすが海岸沿いだなーと、会場まで足を運んだ僕らは泣きながら帰宅したのだけれど。

(よしとパパさん、お送りありがとうございました)


e0158235_18364650.jpg

 まあ自然とこうなるわけで。

なんせ地元ってことで、知り合いに会いまくり。

多分向こうも誰かに会うことも含めて、楽しみにしてくるんだろーなあー。

でも案外遠出の人もいたみたいで。(福井ナンバーって!笑)


 出店で冷やしきゅうり、冷やしトマト、冷やしうどんを食べた後、

おなかの調子が悪くなってしまって。慌ててあったかいもの食べて、

ケバフとアナゴのお茶漬け食べたらあっという間に所持金が。


ええ、節約してるのでお金持ってきてなかったんスね。

5杯目のビール買えなかった…明らかに飲みすぎです。



 だちゃんぼと勝井さんがもはやブンブンサテライト並みの中毒性!

繰り返し繰り返し!ボーカルの人の怪しい顔!!

もっと大きなフェスに出てるところを見たい。きっと会場沸くぞーォォォォ!

もうおじさんふくらはぎパンパン。

日ごろの運動不足が露呈されて、その次の日がピークでした。



 開放されていたハンモックは人気で常に満員で乗れなかった。

きもちいーんだろーなあーあああー。

天気がさほど良くなかったし、風も良い感じで吹いていたので、

常に適温な三河湾でしたね。

e0158235_18521281.jpg



 実は前の日に東海テレビ発のバナナマンのケータイ刑事のイベントがあったり、

そのあと無責任飲みってので初対面知の人たちと名駅でけっこうな量飲んで、

そのままよしとんちに泊まったりで、帰り際疲れがピークでした。


でも、土曜の夜、よしとの実家に泊まらせてもらって、手厚い歓迎を受け、

たじたじしながらも快適な夜が過ごせたので大丈夫になりました。

とさ。


5月25日
[PR]
# by alemokolemo | 2010-05-25 18:56 | いつもの

パパス



 食に不安を覚える人は、江國香織の本を読めばいい。

そそられる「料理」の描写。土曜日の夜ベランダにきゅうり1本とウィスキーを持ち込んで。

日曜日の朝に、ハチミツトーストが皿に用意されてみ?たまらんでしょう!



 名駅の本屋の契約社員の面接を受けてきた。

連絡まで1週間の保留期間がありますが、手ごたえはなし。

僕のほかに面接してた人何人かいたみたいやしね。


明日か明後日、親が様子を見に来るらしい。

最近の近況を話すと、実家に帰って来いって言われてしまうのは分かりきっていることで。

なにがかなしいかなって、それを僕が了解するしかないことだ。


まあ鬼畜のようにお金をせびればそんな選択肢なくなるんだろうけどさ。

それも母の日の直後にされた日にゃー、親孝行のおの字も見えてこんだらーに。



 最近は体の調子が戻ってきた。

というより脳みその感覚が元に戻ってきたことを感じている。

だからこそ、ここに居座りたい気持ちが大きい。大きすぎる。


21日から三河湾でやるROCK ON THE ROCK 10 にどうしても行きたいのだ。

しかしながら面接で受かってしまったら、その夢は消えてしまう。

「いけんくなるかもね」って軽くいったら起こられた。

「お前の夢はそんなんでいいの」って。


まあとりあえず軽薄な毎日は、少しでも色がついていくように思えてる。

金ねーけど。

5月9日
[PR]
# by alemokolemo | 2010-05-09 15:48 | いつもの

名古屋港水族館

e0158235_11525312.jpg


e0158235_11532245.jpg


e0158235_11535685.jpg


e0158235_11551761.jpg


e0158235_1159232.jpg

 全て RICOH DIGITAL Ⅲ

More
[PR]
# by alemokolemo | 2010-05-07 11:57 | 黄写真